かなぶん連句会「失はれた手袋の巻」 歌仙で遊ぼう!
第12回東海大学湘南連句/第309回「知のコスモス」

かなぶん連句会 失はれた手袋の巻

小島ゆかり・辻原登・長谷川櫂
【選者】小島ゆかり(歌人)、辻原登(作家)、長谷川櫂(俳人)

【日時】2015年10月25日(日)13:30開始(13:00開場)*16:40終了予定

【会場】神奈川近代文学館 展示館2階ホール(定員220名)

入場無料

【初折の表】
発句
落ちてゐる片手袋や昼の月    ゆかり(冬・月)
 闇汁の具を買ひに出て不明   登(冬)
第三
まぼろしの創作ノート現れて    櫂(雑)
第四
 野薔薇の丘でなびくスカート   ゆかり(夏)
第五
ひんやりと匂ひただよふ細き首   登(雑)
第六
 さても哀しき妖怪の絵図      櫂(雑)

*続けて、参加者が半歌仙一八句の七句目(雑)以下を巻きます。
(アドバイス:初折裏の初句は雑です。ここで妖怪を詠むと、妖怪の句が三句も並んでしまいます。 付けるというより、思い切り離して詠んでください。)

主催:県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会
共催:東海大学文学部文芸創作学科
後援:月刊『望星』

近日開催の催し物
これまでの催し物

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL : 045-622-6666  FAX : 045-623-4841