ポール・クローデル展記念上映会と講演
クローデルの詩による創作能「薔薇の名—長谷寺の牡丹」

受付中

渡邊守章

創作能「薔薇の名―長谷寺の牡丹」 とポール・クローデル
ポール・クローデルが滞日中に書いた詩からイメージを汲み、クローデル研究家であり、演出家でもある渡邊守章氏によって創作された能「薔薇の名――長谷寺の牡丹」の映像の上映と、渡邊氏の解説、講演を合わせて行い、能の魅力とクローデル作品の奥行の深さに迫る。

作・演出:渡邊守章、節付け・作舞:観世榮夫 出演:(シテ)九世観世銕之丞、(ツレ)梅若晋也、(間)茂山逸平 2005年

【解説・講演】 渡邊守章(演出家、東京大学名誉教授)

【日時】 2018年6月24日(日)13:30開演(13:00開場)

【会場】 神奈川近代文学館 展示館2階ホール(定員220名)

【料金】 無料

      *未就学児のご入場はご遠慮ください。

【お申し込み】   *ホール会場は定員(220名)になりました。
中継会場(定員60名/ホールと同じ映像を中継会場で上映、講演は中継映像/受付・開場:13:20)の参加について
電話(045-622-6666)で先着順受付中です。

 

【講師プロフィール】
◇渡邊守章(わたなべ・もりあき)―フランス文学者 演出家 東京大学名誉教授 放送大学名誉教授。
東京大学教授、放送大学副学長、 京都造形芸術大学舞台芸術センター所長を歴任。また観世寿夫との協力など、幅の広い演劇活動を行う。著作に『虚構の身体』、『越境する伝統』など。訳書に『繻子の靴』、『マラルメ詩集』、『ラシーヌ論』(バルト)など。『フェードル』、『ロレンザッチョ』などの舞台演出でも知られる。

主催:日仏会館 共催:神奈川近代文学館・公益財団法人神奈川文学振興会、ポール・クローデル生誕150年記念企画委員会

近日開催の催し物
これまでの催し物

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL : 045-622-6666  FAX : 045-623-4841