特別展「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」

次回開催

特別展「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」

左:「病室前ノ糸瓜棚 臥シテ見ル所」(「仰臥漫録」から)虚子記念文学館蔵
右:子規最後の肖像写真 1900年(明治33)12月24日 写真提供=正岡明 

明治という日本の変革期に、新しい文学の創造をめざした正岡子規(1867~1902)。わずか35年に満たない生涯において、俳句、短歌、写生文など、多岐にわたるジャンルで新時代の表現を追究しました。その業績は、後進へと受け継がれ、現代にまでつながっています。
子規は最晩年、脊椎カリエスによる病臥生活を送りながら、随筆「墨汁一滴」「病牀(びょうしょう)六尺」、日記「仰臥(ぎょうが)漫録」を書き続けました。時に病に苦しむ自らを客観的に見つめ、ユーモアさえ交えて記すその精神の強さ、文章の不思議な明るさは、読者の胸を打たずにおきません。
本展では、子規の文学と生涯を振り返るとともに、親友・夏目漱石をはじめとする多くの文学者たちとの交流も紹介。最期まで生きることを楽しんだ〈人間・子規〉の魅力に迫ります。

【会期】
2017年(平成29)3月25日(土)~5月21日(日)
休館日は月曜日(5月1日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2・3展示室
【観覧料】
一般600円(400円)、65歳以上/20歳未満及び学生300円(200円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【編集委員】
長谷川櫂
【編集協力】
復本一郎
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【協力】
公益財団法人虚子記念文学館、一般財団法人子規庵保存会、松山市立子規記念博物館
【後援】
現代俳句協会、公益社団法人日本伝統俳句協会、公益社団法人俳人協会、横浜俳話会、現代歌人協会、日本歌人クラブ、神奈川県歌人会、横浜歌人会、鎌倉歌壇、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
岩波書店、京浜急行電鉄、相模鉄道、東京急行電鉄、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

子規画「あづま菊」=複製を禁ず

子規画「あづま菊」
1900年(明治33)6月中旬、熊本の漱石にあてて送った絵と短歌。「画ガマヅイノハ病人ダカラト思ヒタマヘ嘘ダト思ハヾ肱ツイテカイテ見玉ヘ」。
岩波書店蔵

 
ステレオスコープ(双眼写真)=複製を禁ず

ステレオスコープ(双眼写真)
活動写真を見たことがない病床の子規のため
に、古島一雄が贈ったもの。子規庵保存会蔵


一本足の蛙の置物=複製を禁ず

一本足の蛙の置物
彫金家で歌人の原安民から贈られた。
子規庵保存会蔵

 
「病牀六尺(九十九・百九)」原稿=複製を禁ず

「病牀六尺(九十九・百九)」原稿
「病牀六尺」は、1902年5月5日から亡くなる2日前の9月17日まで、新聞「日本」に連載された。全127回。本資料は、右半分に99回、左半分に109回の一部が貼り合わされている。松山市立子規記念博物館蔵

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

かなぶん朗読教室発表会

3月26日(日) 出演:かなぶん朗読教室(2017年2~3月)受講生、原真理子(キーボード演奏)、小林大輔(作・指導・司会)

講演会

4月15日(土)「新しい子規」 講師:長谷川櫂
5月20日(土) 「正岡子規―文学という夢」 講師:三枝昻之

朗読会

4月22日(土)「子規 最期の一年」 出演:瀬戸口郁

子規創始の文章錬成会 山会

4月30日(日) 出演:稲畑汀子、辻原登、長谷川櫂、藤沢周

講座

5月6日(土) 「子規の芭蕉」 講師:復本一郎

ギャラリートーク

会期中の毎週金曜日 14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会