企画展 「山川方夫と『三田文学』展」

次回開催

企画展 「山川方夫と『三田文学』展」

二宮の自宅庭で みどり夫人と 1964年(昭和39)秋 
写真提供:日本近代文学館

作家・山川方夫(やまかわまさお/本名・嘉巳 1930~1965)は、芥川賞候補に4度、直木賞にも1度候補になるなど、その才能を期待されながら、34歳の若さで不慮の事故のために亡くなりました。作家として活躍する一方で、雑誌「三田文学」の黄金時代を築いた名編集者として、江藤淳、坂上弘、曾野綾子ら多くの文学者を世に送り出しています。戦時中は神奈川県二宮町に疎開して、ここで敗戦を迎えたほか、結婚後の1964年から亡くなるまで二宮町で暮らし、作品に二宮や平塚、横浜など神奈川の地が舞台となったものも多く、神奈川にたいへんゆかりの深い作家です。
本展は、日本近代文学館・山川方夫文庫の原稿や書簡などを中心に、山川の生涯と作品の魅力を紹介する初めての本格的な展覧会です。小説、批評、エッセイなどの幅広い創作活動を振りかえるとともに、山川が、田久保英夫、桂芳久と再刊に力を尽くし、編集を担当した「戦後第三次三田文学」の文学史における意義を探ります。

※同時開催=常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第1部 夏目漱石から萩原朔太郎まで」→詳細

【会期】
2018年(平成30)1月27日(土)~3月11日(日)
休館日は月曜日(2月12日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【編集協力】
坂上弘
【特別協力】
公益財団法人日本近代文学館
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
講談社、集英社、東京急行電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

「最初の秋」原稿 =複製を禁ず

「最初の秋」原稿
「新潮」1964年11月号に掲載

同年5月に結婚後、書かれた代表作のひとつ。冒頭の描写は、二宮での新婚生活を思わせる。日本近代文学館・山川方夫文庫蔵

 
「三田文学」の仲間たちと=複製を禁ず

「三田文学」の仲間たちと
1959年(昭和34)5月15日

銀座米津風月堂で開かれた山川の『その一年』『日々の死』出版記念会で。後列左から田久保英夫、山川。前列左から高畠正明、若林眞、桂芳久、江藤淳、稲川慶子。

「文学共和国」全4冊=複製を禁ず

「文学共和国」全4冊

1951年9月に桂芳久の故郷・広島で創刊された同人誌。2号以降は出版地が東京に移り、山川が編者となって1952年7月まで刊行された。山川、田久保、桂、若林らの学生時代の作品が発表された稀覯雑誌。当館蔵

山川旧蔵の銃弾=複製を禁ず

山川旧蔵の銃弾

1945年8月5日、山川一家が疎開していた二宮町は二宮駅から海岸に至るまで米軍機の機銃掃射を受けた。その中間にあった山川家も白煙に包まれ、戦後も「大黒柱には銃弾が刺さったままだった」という。その時の銃弾と思われる。個人蔵

※著作権等につきましては、極力調査致しましたが、お気づきの点がございましたら御連絡下さい。

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

記念講演会

3月4日(日) 「山川方夫―人と文学の魅力」 講師:坂上弘

ギャラリートーク

2月3日、17日、3月3日、10日(いずれも土曜日) 各日14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会