企画展「生誕150年記念 詩人大使ポール・クローデルと日本展」

開催中

claudel-main

20世紀フランスを代表する劇作家、詩人であり、外交官としても世界各地で活躍したポール・クローデル(1868~1955)。本展は、2018年に生誕150年を迎えるクローデルと日本との関係に焦点を当てる企画展である。 彫刻家の姉・カミーユの影響で少年時代から日本文化に強い憧れをいだいていたクローデルは、1921年(大正10)、53歳のとき駐日フランス大使として念願の来日を果たした。公務のかたわら、能や歌舞伎などの古典芸能に傾倒してその舞台技法を吸収し、また終生の大作戯曲「繻子(しゆす)の靴」を完成させるなど、日本での日々は、創作者・クローデルに大きな実りをもたらした。クローデルは滞日中、箱根など県内各地をしばしば訪れたほか、1923年9月の関東大震災に際しては、倒壊した横浜のフランス領事館(現・港の見える丘公園内)に駆けつけ被災者の救済に奔走するなど、神奈川とのゆかりも深い。
会場では、エッセイ集『朝日の中の黒鳥(くろとり)』、フランス語による俳句風の短詩集『百扇帖(ひやくせんちよう)』、能や歌舞伎など古典芸能の影響の色濃い舞踊劇「女と影」、戯曲「クリストファ・コロンブスの書物」「火刑台上のジャンヌ・ダルク」など、日本文化の受容を経てクローデルが生み出した作品を紹介するとともに、東京の日仏会館、京都の日仏学館(現アンスティチュ・フランセ関西)の開設に尽力し、日仏文化交流の基盤を作った業績も振り返る。

※同時開催=常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第2部 芥川龍之介から中島敦まで」→詳細

【会期】
2018年(平成30)5月19日(土)~7月16日(月・祝)
休館日は月曜日(7月16日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館・公益財団法人神奈川文学振興会、ポール・クローデル生誕150年記念企画委員会
【後援】
在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協力】
アンスティチュ・フランセ日本
【協賛】
東京急行電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場
【助成】
笹川日仏財団、渋沢栄一記念財団、Société Paul Claudel

展示資料紹介

『百扇帖』=複製を禁ず

『百扇帖』

1927年(昭和2)12月 小柴印刷所 日本で作ったフランス語による俳句風短詩172句を毛筆で書いた詩集。クローデルの依頼で仏文学者の山内義雄が吉江喬松ととともに装飾的な漢字2文字を選び出し、能書家として知られる画家・有島生馬が揮毫。経本仕立ての折本3巻として刊行された。
個人蔵

舞踊劇「女と影」関係者と =複製を禁ず

舞踊劇「女と影」関係者と

1923年(大正12)春 代々木の中村歌右衛門(五代目)邸で。後列右から8人目・クローデル。前列左から中村芝鶴(二代目)、ひとりおいて中村福助(五代目)。後列左から3人目・杵屋佐吉(四代目)、5人目・松本幸四郎(七代目)、7人目・中村歌右衛門。

黒鳥の楽焼き=複製を禁ず

黒鳥の楽焼き

1922年(大正11)5月26日、京都の園遊会でクローデルが«LE SOUVENIR FIXE L'AMITIÉ COMME LE FEU FIXE L'ÉCRITURE»(火は文字の痕をとどめ思ひ出は友情をとはに留む〈山内義雄訳〉)と筆で書き、左右に画家・鹿子木孟郎が黒い鳥を描いたもの。クローデルの日本名「黒鳥(くろとり)」の由来となったといわれる。個人蔵

カミーユ・クローデル作 37歳のポール・クローデル像=複製を禁ず

カミーユ・クローデル作 37歳のポール・クローデル像

1905年制作(2002年鋳造) ジャポニスムを愛する姉・カミーユの影響のもと、ポールは日本への強い憧れを育てた。
アンスティチュ・フランセ日本蔵

※著作権等につきましては、極力調査致しましたが、お気づきの点がございましたら御連絡下さい。

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

ポール・クローデル展 記念イベント

5月20日(日) 講演会「ポール・クローデルとは誰か」  講師:辻原登

5月27日(日) 対談「詩人大使の創作を支えた山内義雄」  出演:山本泰朗、中條忍

6月17日(日) シンポジウム 「今に生きる前衛としての古典―― 詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」
コーディネーター:芳賀徹 パネリスト:夏石番矢、恩田侑布子、金子美都子

6月24日(日) 上映会 クローデルの詩による創作能「薔薇の名――長谷寺の牡丹」  講演:渡邊守章 作・演出:渡邊守章、節付け・作舞:観世榮夫


ギャラリートーク

①7月8日(日):「ポール・クローデルと横浜」 講師:根岸徹郎

②6月9日(土)、7月14日(土) 展示解説:当館職員


日仏交流160周年 アンスティチュ・フランセ横浜 Institut français du Yokohama 笹川日仏財団

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
〒231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会