ベートーヴェン生誕250年記念講演会
ベートーヴェンと日本近代文学

受付中

新保祐司

2020(令和2)年に、生誕250年を迎えたベートーヴェン。交響曲第5番ハ短調「運命」や交響曲第9番ニ短調「合唱」などによって日本人に広く親しまれているベートーヴェンの音楽であるが、この「楽聖」の音楽は近代日本の文学者たちの作品に、どのように影響を与えたであろうか。あるいは、どのように反映されているであろうか。その様相を、具体的に何人かの作家をとりあげて考えてみたい。

【講師】新保祐司(文芸批評家)

【日時】2021年1月30日(土)14:00開演(13:30開場)

【会場】神奈川近代文学館 展示館2階ホール

入場無料・要申込
*未就学児の入場はご遠慮ください。

【お申込方法】
電話(045-622-6666)またはE-mail(event@kanabun.or.jp)でお名前、電話番号をお知らせください。 先着順で、定員になり次第締め切ります。
メールの場合は、件名を「1/30講演会申込」とし、複数参加の場合は合計人数もお知らせください。

新型コロナウイルスの感染予防の取り組みについて
・当日は会場入口で検温を実施いたします。発熱、咳などの症状がある方には、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。
・ご入場の際にはマスクの着用、手指の消毒にご協力ください
その他の注意事項はお知らせに掲載してあります。ご来館前に必ずご参照ください。詳しくはお問い合わせください。

主催:県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会

近日開催の催し物
これまでの催し物

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL : 045-622-6666  FAX : 045-623-4841
E-mail : soumu@kanabun.or.jp