第9回 かなぶん連句会
「刈り刈りて夏草の巻」

受付中

小島ゆかり・辻原登・長谷川櫂
【選者】小島ゆかり(歌人)、辻原登(作家)、長谷川櫂(俳人)

【日時】2022年10月29日(土)13:30開始(13:00開場)*16:30頃終了予定

【会場】神奈川近代文学館 展示館2階ホール

【料金】入場無料

【申込方法】
★神奈川近代文学館あて電話(045-622-6666)、または申込フォームで、お名前・電話番号・人数をお知らせください。先着順の受付とさせていただきます。
★ご参加の方は開催当日13:20までに七句目(雑〈無季〉で五七五)を葉書大の厚めの紙にサインペンで書いてご持参ください。おひとり様1句です。
★サインペンは当日の投句でも使いますのでご持参ください。
★観覧のみの方は、投句は不要です。 

【内容】
第六句に続けて、当日会場に集まった参加者が七句目以降を詠み、半歌仙(十八句)の連句を完成させます。
七句目は、発句から六句までと類似する言葉やイメージから離れて、新たな世界へ転じてください。

~刈り刈りて夏草の巻~ 

発句 夏草や刈つても刈つても生えて来る      登(夏)
脇    戦車を襲ふ黒山の蟻               櫂(夏)
第三 国境の夜空をわたる風はるか           ゆかり(雑)
四    上善如水で秋意尽くせり             登(秋)
五  丸々と夕顔の実も望月も               櫂(秋・月)
六    あらへうふらへう露のたましひ          ゆかり(秋)

六の句の解説
前句の、夕顔の実と望月から、北原白秋のこの歌を思い出しました。
「月夜よし二つ瓢(ふくべ)の青瓢(あをふくべ)あらへうふらへうと見つつおもしろ」
さらに、中秋の名月の翌日、物の怪(生霊)にとりころされた『源氏物語』の「夕顔」を思い、〈あらひょうふらひょうと浮遊する、露のごとくはかないこの世の魂〉 と付けました。          
小島ゆかり

新型コロナウイルスの感染予防の取り組みについて
・当日は会場入口で検温を実施いたします。発熱、咳などの症状がある方には、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。
・ご入場の際にはマスクの着用、手指の消毒にご協力ください。
詳細はガイドライン(PDF 293K)に掲載してあります。ご来館前に必ずご参照ください。詳しくはお問い合わせください。

主催:県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会
後援:月刊『望星』

近日開催の催し物
これまでの催し物

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL : 045-622-6666  FAX : 045-623-4841
問い合わせフォーム ※イベントのご予約は【申込方法】に記載の申込フォームで受付けております。