日本キリスト教文学会 2024年度 第53回全国大会
日本近代文学の黎明とキリスト教(共催事業)

日本キリスト教文学会 2024年度 第53回全国大会

【日時】2024年5月11日(土)13:15~17:10、12日(日)10:00~15:40

【会場】神奈川近代文学館 展示館2階ホール(定員220名)

【料金】聴講無料

【プログラム】 *詳しくはこちらPDFファイルを開きますをご覧ください。

〈大会進行役〉

文教大学名誉教授
  リチャード・ローガン
東海大学教授
  堀 啓子

〈第一日〉5月11日(土)13:15~17:10 (受付12:30~)
・開会の挨拶(13:15~) 日本キリスト教文学会 会長  森本 真一
・挨     拶        全国大会委員長  長濵 拓磨
・研 究 発 表(13:30~14:35)
「天」における「「神」の在否」について―Ф.М.ドストエフスキー『悪霊』における原題“Бесы”選定理由に関する考察を通して

日本大学研究員・日本大学非常勤講師  坂下 将人
司会  京都外国語大学教授  長濵 拓磨

Y・B・マングンウィジャヤ『嵐の中のマニャール』におけるキリスト教的要素

南山大学准教授  ヘラ、マリアヌス パレ
司会  北陸学院大学教授  中島 賢介

・シンポジウム(14:50~17:10) 明治の文学とキリスト教
パネリスト  東海大学教授  堀 啓子
パネリスト  大東文化大学名誉教授  下山 孃子
パネリスト  常磐会学園大学教授  宮薗 美佳
司   会   フェリス女学院大学名誉教授  宮坂 覺


〈第二日〉5月12日(日)10:00~15:40
・研究発表(10:00~11:45)
遠藤周作「白い人」論―キルケゴールの実存的観点から

ノートルダム清心女子大学博士後期課程  葛 欣怡
司会  星美学園短期大学教授  武田 秀美

遠藤周作『無鹿』における音楽(ムジカ)――ことばの音楽性を視座として――

九州女子大学教授  古浦 修子
司会  上智大学キリスト教文化研究所所員  香川 雅子

日本近代と内村鑑三――文学観と信仰詩・訳詩をめぐって

文芸評論家・明治学院大学キリスト教研究所協力研究員 小林 孝𠮷
司会  詩人  柴崎 聰

・講演(14:00~15:30) ダンテとシェイクスピア――日本近代文学の黎明期――

東北学院大学名誉教授  下館 和巳
司会  活水女子大学名誉教授  奥野 政元

・閉会の挨拶(15:35~15:40) 日本キリスト教文学会 副会長  細川 正義

【お問い合わせ】
日本キリスト教文学会 事務局
〒590-0496 大阪府泉南郡熊取町朝代台1-1 大阪体育大学吉川望研究室内
URL:http://nihonchristkyobungakkai.web.fc2.com / E-mail:yoshikawa〔at〕ouhs.ac.jp *〔at〕は@にお読み替え下さい。

主催:日本キリスト教文学会
共催:県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会

新型コロナウイルスの感染予防の取り組みについて
・当日は会場入口で検温を実施いたします。発熱、咳などの症状がある方には、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。
・ご入場の際にはマスクの着用、手指の消毒にご協力ください
詳細はガイドライン(PDF 293K)に掲載してあります。ご来館前に必ずご参照ください。詳しくはお問い合わせください。

近日開催の催し物
これまでの催し物

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL : 045-622-6666  FAX : 045-623-4841
問い合わせフォーム ※イベントのご予約は【申込方法】に記載の申込フォームで受付けております。