かなぶん連句会「失はれた手袋の巻」 歌仙で遊ぼう!
第12回東海大学湘南連句/第309回「知のコスモス」

かなぶん連句会 失はれた手袋の巻

小島ゆかり・辻原登・長谷川櫂
【選者】小島ゆかり(歌人)、辻原登(作家)、長谷川櫂(俳人)

【日時】2015年10月25日(日)13:30開始(13:00開場)*16:40終了予定

【会場】神奈川近代文学館 展示館2階ホール(定員220名)

入場無料

~失はれた手袋の巻~ *当日完成の半歌仙(十八句)

 落ちてゐる片手袋や昼の月      ゆかり(冬・月)
    闇汁の具を買ひに出て不明   登(冬)
 まぼろしの創作ノート現れて      櫂(雑)
    野薔薇の丘でなびくスカート   ゆかり(夏)
 ひんやりと匂ひただよふ細き首     登(雑)
    さても哀しき妖怪の絵図      櫂(雑)
 右左上ル下ルは京の町         千枝(雑)
    憂国者たちは自転車に乗る   むつみ(雑)
 木枯やピザまん2つ売れ残り      三智子(冬)
    豊後水道つれて逃げてよ     明笛(めいてき)(雑・恋)
 青天にドクロの旗のひるがえり     茂(雑)
    油田の荒地コスモスの咲く    信(まこと)(秋)
 月白や爆撃の音今日もして      忠子(雑・月)
    コクリコ坂を落ちる橡の実     正和(秋)
 見渡せばはるか遠くに雲の群れ    祥平(雑)
    腹の立つこと投げよ春野へ    正和(春)
 借りてきた本にはさまる花のしおり  信弥(春・花)
    黒赤青とランドセル行く      むつみ(春)

主催:県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会
共催:東海大学文学部文芸創作学科
後援:月刊『望星』

近日開催の催し物
これまでの催し物

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL : 045-622-6666  FAX : 045-623-4841
E-mail : soumu@kanabun.or.jp