特別展「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」

開催中

特別展「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」

知識人の家系に生まれて漢学と英語を自在にこなし、それを主翼として世界文学の世界をはるか遠くまで飛行した。エンジンとなったのは想像力。南洋諸島も古代中国もアッシリアも彼の脳内では自宅の庭のようなもの。私的な領域をやすやすと逃れて彼が構築したのは、人間の普遍を目指す新しい文学だった。――池澤夏樹(作家、本展編集委員)

中島敦(1909-1942)が短い生涯のなかで遺した作品は20数編、著書はわずか2冊を数えるのみです。南洋庁の役人としてパラオ赴任中の1942年(昭和17)2月に文壇デビューを果たしたものの、作家生活は1年に満たず、その年の12月には志半ばにして亡くなりました。しかし、「山月記」「光と風と夢」「李陵・司馬遷」など中島が紡ぎ出した物語は、若い世代を含め今も多くの人々に愛され、読み継がれています。
中島敦の生誕110年を機に行う本展では、中島の短くかつ起伏に富んだ人生を「旅」と捉え、33年の生涯を振り返ります。そして、その珠玉の作品が今日見せる様々な広がりを紹介します。

【会期】
2019年9月28日(土)~11月24日(日)
休館日は月曜日(10月14日、11月4日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2、3展示室
【観覧料】
一般700円(500円)、65歳以上/20歳未満及び学生350円(250円)、高校生100円、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【編集委員】
池澤夏樹
【後援】
駐日パラオ共和国大使館、中島敦の会、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
講談社、筑摩書房、京浜急行電鉄、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
2019文豪ストレイドッグス製作委員会、KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

南洋へ持っていったトランク=複製を禁ず

南洋へ持っていったトランク
当館蔵・中島敦文庫(以下*)


「李陵・司馬遷」草稿=複製を禁ず

「李陵・司馬遷」草稿

「文学界」1943年7月号に掲載

中島の没後に妻・タカが作家の深田久弥へ託し、「李陵」の題で発表された。夥しい書き込みに徹底した推敲の跡が窺える。*


長男・桓(たけし)あて絵はがき=複製を禁ず

長男・桓(たけし)あて絵はがき

1941年7月23日消印
小学生の息子にパラオの様子をやさしい言葉で知らせる。*

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

トークイベント

10月5日(土) 「映画『バケモノの子』と中島敦作品」 出演:細田守、池澤夏樹

トークと朗読

10月9日(水) 「野村萬斎、『敦』を語る。」 出演:野村萬斎、藤原道山、池澤夏樹
※チケットは完売しました。当日券はありません。

「日本文学 あの名場面」連載記念対談

10月20日(日) 「中島敦 あの名場面」 出演:阿部公彦、中島京子

講演会

11月4日(月・振休) 「世界文学としての中島敦」 講師:池澤夏樹

上映会

11月9日(土) 「トロピカル・マラディ」(2004年、タイ映画、118分) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

講座

11月17日(日) 「中島敦と同時代の文学」 講師:山下真史

ギャラリートーク

会期中の毎週金曜日 14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

「文豪ストレイドッグス」とのコラボ企画を実施します!

詳細は文豪ストレイドッグス×中島敦展コラボレーションについてのお知らせ(752KB)をご覧ください。

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666 FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会