特別展「樋口一葉展―わが詩は人のいのちとなりぬべき」

次回開催

特別展「樋口一葉展―我が詩は人のいのちとなりぬべき」=複製を禁ず

背景写真=「たけくらべ」最終回原稿 日本近代文学館寄託

明治半ば、肺結核のためにわずか24歳6ヵ月の短い生涯を閉じた樋口一葉(1872~1896)。困窮のなかで作品を生み出し、特に1894年(明治27)12月発表の「大つごもり」以降、死の直前までのわずかな間に「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」などの名作を次々に発表し、文学史上に不朽の名を残しています。
雅俗折衷体で書かれた一葉の作品は、現代人には一見馴染みにくいものかもしれません。しかし、家族制度や女性差別、貧困などのなかで苦闘し続けた一葉の人生、そして作中人物が背負っている闇は、現代社会にも通じる問題を孕んでいます。本展では、一葉の貴重な資料の数々を展示するとともに、時代の空気、作品の背景などをひもとき、その普遍的な魅力を伝えます。

展覧会観覧の事前予約はこちらから
(感染予防対策を徹底するため、展覧会をご覧になる際には日時指定事前予約を必ずお願いいたします。)

【会期】
2021年10月2日(土)~11月28日(日)
休館日:月曜日
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2・3展示室
【観覧料】
一般800円(600円)、65歳以上・20歳未満及び学生400円(300円)、高校生100円(100円)、中学生以下は無料
*( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方は、手帳もしくは、ミライロIDの提示で無料(詳しくはお問い合わせください)にてご入場いただけます。事前の申請等は必要ありません。手帳の所持者及びその介助者(※2)の方は観覧料が無料となります。
 ※2 原則として手帳の所持者の介助者1名まで。ただし、手帳の所持者1名に対して2名以上介助者が必要な場合は事前にご相談ください。
【編集委員】
藤沢周
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【特別協力】
公益財団法人日本近代文学館、台東区立一葉記念館、山梨県立文学館
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk
【協賛】
岩波書店、京急電鉄、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場、こまつ座

展示資料紹介 ※本展は会期中、展示替えを行います。 前期展示:10月2日(土)~31日(日) 後期展示:11月2日(火)~28日(日)

感想断片=複製を禁ず

感想断片

自らを「詩のかみの子」と謳い、「このよほろびざる限りわが詩は人のいのちとなりぬべき(なり)」と結ぶ。「詩神」は交流の深かった「文学界」同人たちが用いた語でもあり、執筆に対する一葉の気概がうかがえる。早稲田大学図書館蔵
※後期展示

  
仕入帳=複製を禁ず

仕入帳
1893年8月

下谷龍泉寺町で、荒物・駄菓子店を営んだときのもの。この間の生活体験が「たけくらべ」ほかの作品へと結実する。山梨県立文学館蔵

  
笄と髪飾り=複製を禁ず

笄(左)と髪飾り
山梨県立文学館蔵

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

記念対談

2021年10月16日(土) 「一葉の溜息、一葉のやさしさ――その女(ひと)の声をたずねて」 出演:小池昌代、藤沢周

記念講演会

2021年10月30日(土) 「一葉とわたし」 講師:伊藤比呂美

記念朗読会

2021年11月6日(土) 「一葉作品から」 出演:加賀美幸子

文芸映画を観る会

2021年10月23日(土)、24日(日) 「にごりえ」(1953年 新世紀映画・文学座)

ギャラリートーク

会期中の毎週金曜日 14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666 FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会