特別展「生誕100年 ドナルド・キーン展―日本文化へのひとすじの道」

次回開催

特別展「生誕100年 ドナルド・キーン展―日本文化へのひとすじの道」=複製を禁ず

写真=森清/講談社/アフロ

 太平洋戦争目前の1940年(昭和15)に偶然手にしたアーサー・ウエーリ訳「源氏物語」との運命的な出会いに導かれて、ジャパノロジストの道へと進み、日本文化の魅力を世界へ、そして日本の人々へ伝えたドナルド・キーン(1922~2019)。アメリカと日本を往来しながら、古代から現代までの文学、歴史、芸能と幅広いジャンルの研究や翻訳に取り組み、後に続く日本文化研究者の教育にも力を注ぎます。書斎の人に留まらず、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、安部公房、司馬遼太郎ら、著名な文学者とも親交を結び、折に触れて書き残した彼らのプロフィールは、近代文学史の貴重な証言となっています。
 松尾芭蕉の「つひに無能無芸にして只此一筋に繋る」(「笈(おい)の小文(こぶみ)」)に日本研究を選択した心境を重ねてから70年余、キーンがひたすらに歩んだジャパノロジストとしての足跡と、オペラや旅、日本の人々と日本文化を愛した情熱的な生涯を紹介します。

【会期】
2022年5月28日(土)~7月24日(日)
休館日:月曜日(7月18日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2・3展示室
【観覧料】
一般700円(500円)、65歳以上・20歳未満及び学生350円(250円)、高校生100円(100円)、中学生以下は無料
*( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方は、手帳もしくは、ミライロIDの提示で無料(詳しくはお問い合わせください)にてご入場いただけます。事前の申請等は必要ありません。手帳の所持者及びその介助者(※2)の方は観覧料が無料となります。
 ※2 原則として手帳の所持者の介助者1名まで。ただし、手帳の所持者1名に対して2名以上介助者が必要な場合は事前にご相談ください。
【編集協力】
キーン誠己
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【特別協力】
一般財団法人ドナルド・キーン記念財団
【協力】
コロンビア大学C.V.スター東亜図書館、東京都北区立中央図書館、ドナルド・キーン・センター柏崎、公益財団法人ブルボン吉田記念財団
【後援】
アメリカ大使館、国際交流基金、コロンビア大学ドナルド・キーン日本文化センター、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk
【協賛】
新潮社、中央公論新社、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

エイダック島で=複製を禁ず

エイダック島で 1943年

後列左・キーン。アメリカ海軍の語学将校として、太平洋戦争中日本人捕虜の尋問、戦地で回収した日本語文書の解読の任務に就いた。個々人の心情を吐露している日本兵の日記や遺書などに深い感銘を受けたことは、のち日本人の日記研究につながった。

狂言「千鳥」の太郎冠者を演じる=複製を禁ず

狂言「千鳥」の太郎冠者を演じる

1956年9月13日の「ドナルド・キーン氏送別狂言会」で。来日以後親交を結んだ吉田健一、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫らを招いて稽古の成果を披露。撮影・渡部雄吉

「鉢木会 八」連歌帖から=複製を禁ず

「鉢木会 八」連歌帖から 1955年4月

謡曲「鉢木」にちなんで客をもてなす会に招かれた際のもの。当日のメンバー・神西清、吉川逸治、三島由紀夫、福田恆存、吉田健一、大岡昇平に交じって、「花の春の御馳走になる紅毛人かな 奇院」としたためている。当館蔵・吉田健一文庫

『日本文学の歴史』全18巻=複製を禁ず

『日本文学の歴史』全18巻
1994年(平成6)5月~1997年3月 中央公論社

1976年から刊行した『日本文学史』全10巻に「古代・中世篇」を加え、20余年の歳月をかけて、20代から目標としていた日本文学通史を完成させた。

松山市立子規記念博物館で=複製を禁ず

松山市立子規記念博物館で
2011年9月25日

この年は1年間「新潮」に「正岡子規」を連載、4月には日本国籍取得の決意を公にした。撮影・キーン誠己

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

記念講演会

2022年6月4日(土) 「世界文学としての『源氏物語』――ドナルド・キーンの運命を変えたアーサー・ウェイリー訳」 講師:毬矢まりえ、森山恵
2022年6月25日(土) 「キーンさんの思い出」 講師:平野啓一郎

記念対談

2022年6月18日(土) 「それぞれの交遊――ドナルド・キーンを語る」 出演:角地幸男、キーン誠己

文芸映画を観る会

2022年7月8日(金)、9日(土) 「細雪」(1950年 新東宝 原作:谷崎潤一郎 監督:阿部豊)

ギャラリートーク

2022年6月12日、7月3日、17日(いずれも日曜日) 各日14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666 FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会