特別展「帰って来た橋本治展」

次回開催

特別展「帰って来た橋本治展」=複製を禁ず

写真提供・新潮社

平成の時代とともにその生涯を終えた橋本治が、令和6年春、横浜に帰って来ます―――

 橋本治(1948~2019)は、1977年に高校生の日常を描いた「桃尻娘(ももじりむすめ)」で小説家としてデビューし、それまでにないスタイルと内容で世間に衝撃を与えました。すでにイラストレーターとして活躍していた橋本は、以後、小説執筆と併行して、恋愛や性、家族、時代を論じ、舞台やイベントを演出し、セーターの編み方を教え、古典をひもとくなど、八面六臂の活躍を繰り広げました。どんな未知の分野にもひるまず分け入った橋本の原動力は「わからない」ことを解明したいという思いだったといいます。その成果は膨大な数の著作となって、我々に大きな〈恵み〉をもたらし続けています。
 当館は、2019年以降、橋本治の直筆原稿をはじめとする資料をご家族、ご関係の方々から寄贈いただき〈橋本治文庫〉として保存しています。本展は、時代を先取りし、さらに、人間と人間の生きた時代を描きだそうとした橋本の生涯を、所蔵資料を中心にたどります。
 「桃尻娘」シリーズの最終章は、当館のある港の見える丘公園で、未来への希望を示唆して締めくくられます。この地で、帰って来た橋本治の新たな一面に触れていただければ幸いです。

【会期】
2024年3月30日(土)~6月2日(日)
休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2・3展示室
【観覧料】
一般700円(500円)、65歳以上・20歳未満及び学生350円(250円)、高校生100円(100円)、中学生以下は無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方は、手帳もしくは、ミライロID の提示で無料(詳しくはお問い合わせください)にてご入場いただけます。事前の申請等は必要ありません。手帳の所持者及びその介助者(※2)の方は観覧料が無料となります。
 ※2原則として手帳の所持者の介助者1名まで。ただし、手帳の所持者1名に対して2名以上介助者が必要な場合は事前にご相談ください。
【編集委員】
松家仁之
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk
【協賛】
新潮社、中央公論新社、京急電鉄、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

第19回駒場祭ポスター原画=複製を禁ず

第19回駒場祭ポスター原画
1968年11月23、24日開催

東京大学2年の時に描いた学園祭のポスター。東大闘争のさなか任侠映画を彷彿とさせる印象的なデザインが大きな注目を浴び、「とめてくれるなおっかさん」のキャッチコピーとともに橋本治の名を一躍全国区とした。当館蔵・橋本治文庫


カーディガン「花見幕」=複製を禁ず

カーディガン「花見幕」

学生時代から編み物を得意とし、編み方指南の本も刊行している。1984年には「楽しいニット」と題したファッションショーを開催した。当館蔵・橋本治文庫


「桃尻娘」原稿=複製を禁ず

「桃尻娘」原稿

第29回「小説現代」新人賞佳作として、「Gen」1977年12月号に掲載。桃尻娘、無花果少年(いちぢく・ボーイ)瓜売小僧(ウリウリぼうや)温州蜜柑姫(おみかんひめ)の猥雑なニックネームを持った普通の高校生
4人を主人公にシリーズ化。彼女らの成長を深い愛着を持って見守りながら、1990年
まで大切に書き継いだ青春小説。講談社蔵

 

 

本展関連イベント ※行事についての詳細は、 催し物のページをご覧ください。

※申込み方法、料金等は、「催し物」ページから各行事の詳細ページを開いてご確認ください→「催し物」ページ

講演と対談

2024年4月20日(土) 「冗談と真情と」 講師:松家仁之(作家、本展編集委員)、対談出演:柴岡美恵子(橋本治妹)

講演会

2024年5月3日(金・祝) 「橋本治という時代」 講師:橋爪大三郎(社会学者)

記録映像上映会

2024年5月25日(土) 「豪華本『マルメロ草紙』はこうして生まれた―知られざる8年間の闘い―」(2024年 テレビマンユニオン カラー 80分)
企画:刈部謙一/撮影・構成・編集:浦谷年良 映像出演:橋本治、岡田嘉夫ほか
アフタートーク出演:浦谷年良、松家仁之

スライドトーク(職員による展示説明)

会期中の毎週金曜日(5月3日を除く) 14:00~ 参加無料(要展示観覧料)・申込不要
会場=展示館1階エントランスホール

 

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会