企画展・収蔵コレクション展17「花田清輝展」

次回開催

企画展・収蔵コレクション展17「花田清輝展」

撮影:矢田金一郎 1959年(昭和34)


  文芸評論家、小説家、劇作家・花田清輝(1909 ~ 1974)は戦時中から評論活動をしていましたが、鎌倉市材木座に疎開して、ここで敗戦を迎えました。戦時下発表していた芸術論などをまとめて、戦後まもなく刊行した『復興期の精神』で一躍注目を集め、本格的に活動を開始します。世の中の変わり目「転形期」をいかに生きるかを生涯、主題として追究した花田は、数々の前衛芸術運動の旗手として、評論だけでなく戯曲、小説などの幅広い分野で活躍しました。
 没後、当館はご遺族などから、原稿、書簡等の関連資料を受贈しました。また、花田と同時代に活躍した戦後派作家のコレクションも多数所蔵し、その中にも関連資料が含まれています。
 本展は、2019年が花田の生誕110年となることを機に、当館の所蔵資料を軸として、花田の多彩な活動をふりかえるものです。また、埴谷雄高、野間宏、佐々木基一、安部公房ら戦後派の作家たちとの交流なども紹介します。

※同時開催=常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第1部 夏目漱石から萩原朔太郎まで」→詳細

【会期】
2019年(平成31)1月26日(土)~3月10日(日)
休館日は月曜日(2月11日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
講談社、東京急行電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

1946 年(昭和 21)ころ=複製を禁ず

1946 年(昭和 21)ころ

『復興期の精神』を刊行後、真善美社の編集顧問として、多くの戦後文学を代表する作品を世に送り出した。

『復興期の精神』=複製を禁ず

『復興期の精神』
1946年10月 我観社

第2評論集。独自の発想と文体で衰亡した文化の復興を論じ、戦後の文学界に衝撃を与えた。

「群猿図」原稿=複製を禁ず

「群猿図」原稿
「群像」1960年6月号に掲載

長編小説の第1作。花田は、戦国の乱世を「日本のルネッサンス」ととらえ、独自の視点から武田信玄の父・信虎の生涯を描き出した。「狐草紙」「みみずく大名」とあわせてまとめた『鳥獣戯話』(1962年2月 講談社)は、第16回毎日出版文化賞を受賞。

花田黎門氏寄贈・当館蔵

花田書=複製を禁ず

花田書

『小説平家』に引用されている僧・慈円の歌。花田は慈円を、平安末期から鎌倉初期という「転形期」に「対立物を対立のまま統一しようとつとめた」人物として評価していた。個人蔵

※著作権等につきましては、極力調査致しましたが、お気づきの点がございましたら御連絡下さい。

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

記念講演会

2月9日(土) 「前衛と韜晦(ねこかぶり)」 講師:四方田犬彦

ギャラリートーク

2月10日、24日、3月3日、10日(いずれも日曜日) 各日14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会