企画展「没後20年 江藤淳展」

開催中

江藤淳展

撮影:立花義臣

 

 評論家・江藤淳(本名・江頭(えがしら)淳夫(あつお) 19321999)は、慶應義塾大学英文科在学中、「三田文学」に「夏目漱石論」を発表して注目され、20代で華々しく文壇に登場しました。『小林秀雄』『成熟と喪失』『漱石とその時代』などの作家・作品論をはじめ、『海舟余波』『海は甦える』など近代日本草創期の政治家たちにスポットを当てた評伝、史伝を刊行し、戦後の文学界の第一線で活躍して大きな足跡を残しています。
 また敗戦後、米軍占領下で行われた検閲の実態と影響を、アメリカでの公開文書の調査により検証した『閉(とざ)された言語空間』など、数々の作品で、戦後日本への問題提起を続けました。
 本展は、今年江藤の没後20年を迎えるにあたり、これまでにご遺族から寄贈された貴重資料ほか関連資料を交えて、その生涯と業績を紹介するものです。

※同時開催=
常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第2部 芥川龍之介から中島敦まで」→詳細
※企画展と同時開催のため、岡本かの子、吉川英治、堀口大學 のコーナーの展示はありません。ご了承ください。

【会期】
2019年5月18日(土)~7月15日(月・祝)
休館日は月曜日(7月15日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【特別協力】
大正大学
【協力】
平山周吉
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
講談社、新潮社、東京急行電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

「夏目漱石論」原稿

「夏目漱石論」草稿

慶應義塾大学在学中、「三田文学」1955年(昭和30)11、12月号に発表した文壇デビュー作。翌年7、8月号には続編も掲載された。従来の〈漱石神話〉を崩す斬新な作家像を示し、後進にも大きな影響を与えた。府川紀子氏寄贈・当館蔵


「閉された言語空間」原稿

「閉された言語空間」原稿
「諸君!」1982年2月~1986年2月号に断続連載

江藤は1979年10月から国際交流基金派遣研究員として米国ワシントンにあるウィルソン研究所に赴任。メリーランド大学のプランゲ文庫ほか複数のアーカイブに残る検閲関係資料の調査に没頭した。図版は第2部第4章のまえがき部分。府川紀子氏寄贈・当館蔵

愛犬と 撮影:立花義臣

愛犬パティと
1984年9月 撮影・立花義臣



    ※著作権等につきましては、極力調査致しましたが、お気づきの点がございましたら御連絡下さい。

    関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

    記念講演会

    ① 6月1日(土) 「戦後批評の正嫡 江藤淳」  講師:上野千鶴子(社会学者)
    ② 6月8日(土) 「江藤淳になりたかった」  講師:高橋源一郎(作家・文芸評論家)

    ギャラリートーク

    6月16日、30日、7月14日(いずれも日曜日)各日14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
    会場=展示館1階エントランスホール

    お問い合わせ

    公益財団法人神奈川文学振興会
    231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
    TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

    開催中の展覧会・近日開催の展覧会
    常設展
    これまでの展覧会