企画展「没後30年 鮎川信夫と『荒地』展」

次回開催

企画展「没後30年 鮎川信夫と『荒地』展」

詩人、評論家の鮎川信夫(1920~1986)は、詩誌「荒地」の思想的中心として、戦後の詩壇に大きな足跡を残しました。自らの戦争体験をもとに、現代社会を〈荒地〉として意識しながら、その克服をめざした鮎川の業績を見つめ直すことは、戦後70年を経た現在、大きな意味があります。
鮎川の没後30年を記念して開催する本展では、戦前の第1次「荒地」の同人で親友の森川義信にあてた鮎川の書簡など、当館の所蔵資料を中心に、鮎川の足跡を振り返ります。また、戦後の第2次「荒地」に拠った北村太郎、木原孝一、黒田三郎、田村隆一、中桐雅夫、三好豊一郎らの活動も紹介いたします。

※同時開催=常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第1部 夏目漱石から萩原朔太郎まで」→詳細

【会期】
2016年(平成28)5月28日(土)~7月18日(月・祝)
休館日は月曜日(7月18日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※東日本大震災の罹災証明書、被災証明書等の提示で無料
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
東京急行電鉄、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

『荒地詩集』=複製を禁ず

『荒地詩集』1951年版
1951年8月 早川書房

巻頭に同人のマニフェストともいわれる「Xへの献辞」を掲げた。

森川義信あて書簡(冒頭)=複製を禁ず

森川義信あて書簡(冒頭) 1940年1月11日
編集中の「荒地」5号について「相当高いレヴエル」
と伝えている。前号に森川が発表した詩「勾配」は、
鮎川らに深い感動を与え、同人たちはしばしば愛誦
したという。森川は1942年8月に23歳で戦病死する。
当館蔵


[ガラスは一個の…]詩稿=複製を禁ず

[ガラスは一個の…]詩稿
1940年2月15日付の封書で森川に送られた詩稿。
当館蔵

「橋上の人」=複製を禁ず

「橋上の人」 「故園」1943年5月
前年の入営前に遺書として書きあげた詩。
同誌を編集していた三好豊一郎に託して発表。
個人蔵


「戦中手記」=複製を禁ず

「戦中手記」(冒頭) 1945年2~3月
スマトラ島の戦地から病気で帰還し、傷痍軍人
療養所の病棟で書いたもの。自らのこれまでを
総括しながら、自己の文学活動の拠り所となる
べき雑誌「荒地」の再生を願い、その基本理念
を綴っている。巻紙5本に及ぶ長大な手記。
当館蔵

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

記念講演会

6月11日(土)「難路を歩む―鮎川信夫の詩が批評であること」 講師:北川透

記念講座

7月2日(土)「鮎川信夫という謎―詩と生のありか」 講師=樋口良澄  ゲスト=上村佑

ギャラリートーク

6月5日、19日、7月3日、17日(隔週日曜日) 14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会