企画展「生誕120年 宇野千代展―華麗なる女の物語」

次回開催

企画展「生誕120年 宇野千代展―華麗なる女の物語」

宇野千代(1897~1996)は、98年の生涯において、小説家としてのみならず、雑誌編集や着物のデザインなど多彩な活動を行いました。数々の恋愛や交友を糧に歩んだ人生は起伏の多いものでしたが、常に前向きで自由闊達な姿勢が、今を生きる人びとをはげましつづけています。
宇野千代の生誕120年を機に開催する本展は、作品原稿や挿絵原画、自らデザインした着物や愛蔵の品々など約250点の資料によってその生涯と活動を展観するものです。
宇野千代という比類ない女性作家の魅力を広く伝えつつ、その文学的業績をあらためて見つめ直します。

※同時開催=常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第2部 芥川龍之介から中島敦まで」→詳細

【会期】
2017年(平成29)5月27日(土)~7月17日(月・祝)
休館日は月曜日(7月17日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【特別協力】
藤江淳子
【企画協力】
樋口友康
【編集協力】
尾形明子
【協力】
龍村仁事務所、株式会社宇野千代
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
集英社、相模鉄道、東京急行電鉄、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

展示資料紹介

晩年のころ

晩年のころ  写真提供・藤江淳子

 
愛蔵の人形

愛蔵の人形
阿波人形浄瑠璃の人形師・天狗屋
久吉の作。左から「天網島時雨炬燵」
のおさんと「傾城阿波の鳴門」のお弓。
70年間人形作り一筋の久吉の姿に心を打たれた千代は、その聞き書きを「人形師天狗屋久吉」 (「中央公論」1942年
〈昭和17〉11、12月)にまとめた。個人蔵

「おはん(その三)」原稿

「おはん(その三)」原稿 「文體」1949年7月号に掲載
最初の発表からおよそ10年の歳月をかけて1957年に完結させた代表作。ふ
たりの女の間をゆれ動く男の胸中を、独得の〈語り〉の文体で描く。個人蔵

関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

文芸漫談シーズン4 in YOKOHAMA

6月3日(土) 「宇野千代『色ざんげ』」 出演:奥泉光、いとうせいこう

講座

6月24日(土) 「しなやかな抵抗の人・宇野千代の文学」 講師:尾形明子

文芸映画を観る会

7月14日(金)、15日(土) 「色ざんげ」

ギャラリートーク

6月4日、18日、7月2日、16日(いずれも日曜日) 14:00~ 参加無料・申込不要(要展示観覧料)
会場=展示館1階エントランスホール

お問い合わせ

公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841

開催中の展覧会・近日開催の展覧会
常設展
これまでの展覧会