ビデオコーナー

館の展示室ビデオライブラリーのコーナーで上映されている自主制作ビデオの一覧表です。常設展示や過去の企画展のために制作されたビデオが常時鑑賞できます。ご覧になりたい方は、常設展または企画展を観覧されたおり、第3展示室奥のビデオライブラリーのコーナーでご視聴下さい。

番号 タイトル 時間 監修 製作年
1 横浜開港 18分   1984
2 鉄道と文学空間-昭和文学への序曲- 16分   1984
3 北村透谷と民権運動 16分   1984
4 芥川龍之介と鎌倉 20分   1984
5 獅子文六 17分   1984
6 神奈川のうた 20分 藤田 圭雄 1985
7 夏目漱石と鎌倉 17分 江藤 淳 1985
8 尾崎一雄 あの日この日 18分 紅野 敏郎 1986
9 鈴木三重吉と「赤い鳥」 15分 関 英雄 1986
10 中里介山 大菩薩峠の世界 17分 尾崎 秀樹 1986
11 吉川英治 時代と文学 15分 尾崎 秀樹 1986
12 川端康成 その生涯と作品 20分 川端香男里 1987
13 有島武郎と横浜 23分 小玉 晃一 1987
14 堀口大学 その詩と人生 18分 窪田 般弥 1987
15 漱石と近代 17分 江藤 淳 1987
16 三浦半島-文学の風景を訪ねて- 18分 野上 義一 1988
17 大衆文学のあゆみ 成立と展開 17分 尾崎 秀樹 1988
18 大衆文学のあゆみ 復興と発展 13分 尾崎 秀樹 1988
19 太宰治「東京八景」より 17分 奥野 健男 1988
20 湘南の光と影 15分 小山 文雄 1988
21 堀辰雄 愛と死の世界 18分 中村真一郎 1988
22 武者小路実篤と神奈川 15分 紅野 敏郎 1989
23 文学館の魅力(1989年版) 18分 小田切 進 1989
24 中里恒子 物語のこころ 15分 巖谷 大四 1989
25 横浜 文学の港 15分 内田四方蔵 1989
26 宮本武蔵から新・平家物語へ[吉川英治] 14分 尾崎 秀樹 1989
27 白樺派三兄弟の芸術[有島武郎・有島生馬・里見弴] 14分 紅野 敏郎 1990
28 谷崎潤一郎と神奈川 14分 河野多恵子 1990
29 海辺のきらめき-小田原・真鶴・湯河原- 15分 石井富之助 1990
30 大野林火と抒情の水脈 15分 松崎鉄之介 1991
31 「人間が書きたい」-山本周五郎の文学- 15分 木村久邇典 1991
32 木下杢太郎とユマニテの精神 15分 新田 義之 1991
33 川崎 都市のさけび 水のささやき 14分 馬場あき子 1991
34 詩人たちのふるさと 15分 伊藤 信吉 1991
35 近代詩人の恋愛歌 15分 伊藤 信吉 1991
36 国際作家アクタガワ 16分 中村真一郎 1992
37 中島敦一閃の光芒 15分 中野 孝次 1992
38 中西悟堂 高貴な無頼と落莫たる重さ 15分 永田龍太郎 1993
39 牧野信一夢と花びら 15分 保昌 正夫 1993
40 馥郁たる火夫 西脇順三郎 15分 新倉 俊一 1994
41 立原正秋-無常と美をみつめて 15分 岡松 和夫 1997
42 緑と風の散歩道-箱根・県央- 15分 脇坂 茂樹 1996
43 文士の町 鎌倉 15分 富岡幸一郎 1995
44 大岡昇平 15分 吉田 凞生 1996
45 鏡花と逗子 15分 川村 二郎 1995
46 文学館の魅力(1998年版) 15分   1998
47 人間の悲しみをみつめて 広津柳浪・和郎・桃子 文学者三代の歩み 15分 松原 新一 1998
48 谷崎潤一郎作品を聴く「卍」「細雪」「瘋癲老人日記」 15分 河野多恵子 1998
49 開高健 疾走する生涯 15分 高橋 英夫 1999
50 永井荷風 その反俗と孤高 15分 近藤 信行 1999
51 原爆文学の誕生から林京子まで 18分 黒古 一夫 2000
52 日本の児童文学 1960 その飛躍の時代 16分 三木 卓 2001
53 野間宏 廃墟からのまなざし 17分 紅野 謙介 2001
54 横浜文学散歩~山手・元町 16分   2002
55 吉野秀雄 愛・生・歌 16分 島田 修二 2002
56 文学の贅沢な楽しみ 井上靖 16分 曾根 博義 2003
57 文学館の魅力(開館20周年 2004年版) 16分   2004
58 三島由紀夫と『午後の曳航』 17分 井上 隆史 2005
59 富永太郎と「山繭」 15分 樋口 覚 2007
60 澁澤龍彦というサロン 14分 高橋 睦郎 2008
61 堀田善衞「歴史」へのまなざし 16分 紅野 謙介 2008
62 鴎外と「舞姫」ベルリンそして横浜 16分 小泉浩一郎 2009