神奈川近代文学館について

神奈川近代文学館 写真

 横浜の山手地区は横浜港を一望出来る緑豊かな小高い丘陵です。その丘陵の東側を大きく占める「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に文学館は建てられています。

 神奈川近代文学館は神奈川県ゆかりの作家や文学作品に関連する肉筆資料、書籍、雑誌の収集、保存、展示を行う博物館と日本近代文学専門の図書館、講演会などを開催するイベントホールの三つの機能を併せ持つ国内屈指の総合文学館として神奈川県が1984年(昭和59)10月に設置し、三十余年にわたって活動して来ました。館の運営は開館以来、県出資の公益法人神奈川文学振興会が一貫して行い、これまでに収集した資料数は百余万点に達しています。

 所蔵資料には個人作家、収集家の業績を顕彰した井上靖文庫、大岡昇平文庫、尾崎一雄文庫、中島敦文庫、中村光夫文庫、埴谷雄高文庫、武者小路実篤文庫など四十余の文庫と、夏目漱石資料、村井弦斎資料など多くの独立したコレクションを含み、稀少資料を数多く有する近代文学の資料館として内外から高い評価を得て来ました。また戦後文学、大衆文学並びに児童文学関係の資料蒐集は特に充実しており、収集した資料の情報を電算化した近代文学専門のデータベースは国内トップクラスの規模を維持しています。更に神奈川近代文学館は所蔵資料のデータベースを全面的にネット公開しており、近年は近代文学の研究センターとして益々その存在価値が高まりつつあります。

 文学館が資料の蒐集とともに力を注いで来た文学展では、神奈川の文学を紹介する常設展のほかに、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎、川端康成など神奈川ゆかりの文豪の個人展、詩歌、俳句や児童文学、大衆文学、原爆文学などテーマ毎の総合展など五十以上の特別展を開催しており、展示内容に即した講演会、朗読会など生涯学習支援事業の実施も含め、文学の裾野を県民へ広げるために広範な普及活動を展開しています。

施設パンフレットPDFファイルを開きます
施設概要
展示室案内
アクセス
神奈川文学振興会
神奈川近代文学館を支援する会