お知らせ

所蔵資料検索保守作業のお知らせ

[2018年5月24日(木)] NEW

2018年5月28日(月)9:00~13:00のうち1時間程度、
保守作業のため、所蔵資料検索を停止させていただきます。ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

「石井桃子展」記念イベントの情報ほかをUPしました。

[2018年5月19日(土)] NEW

7月21日から開催する、企画展「没後10年 石井桃子展」関連イベントの情報を掲載しました。

  • 7月27日(金)、28日(土) 文芸映画を観る会 「ノンちゃん雲に乗る」 【詳細】
  • 8月18日(土)ドキュメンタリー映画上映と講演 「子どもに本を-石井桃子の挑戦 Ⅰ ノンちゃん牧場」 講師:森英男(監督) 【詳細】
  • 9月1日(土) 記念対談「石井桃子から手渡されたもの」
    出演:松岡享子(翻訳家、児童文学作家、東京子ども図書館名誉理事長)
    尾崎真理子(『ひみつの王国 評伝 石井桃子』著者、本展編集協力)【詳細】
  • 9月15日(土)記念講演会「石井桃子と『幻の朱い実』」 
    講師:尾崎真理子(『ひみつの王国 評伝 石井桃子』著者、本展編集協力)【詳細】>
  • 9月22日(土) 花音朗読コンサート 「ノンちゃん雲に乗る」ほか 出演:語りと音楽・花音 【詳細】

21世紀のみだれ髪 秀歌発表!

[2018年5月9日(水)]

3月10日(土)から「与謝野晶子展」開催にあわせて行った、
「文豪ストレイドッグス」とのコラボ企画「21世紀のみだれ髪」短歌募集にたくさんのご応募ありがとうございました。、
5月5日(土)までにお寄せいただいた460首のうちから秀歌を発表します。


「恋愛歌」については今野寿美先生から、「文豪ストレイドッグスキャラクターあて」については、
朝霧カフカ先生から、特選に選んだ歌にコメントをいただきました!

詳しくは

をご覧下さい。

 

21世紀のみだれ髪 秀歌発表!
 恋愛歌 編

[2018年5月9日(水)]

特選

*発表順は、応募順です。

  • 添い歩きくしゃっと笑う横顔の目尻のシワに初恋日和           ちくん69

今野寿美先生のコメント

添い寝があるからには添い歩きもあっていいわけですね。べったりじゃない、つつましい感じ。そして、どこか照れのある笑顔に見てしまったシワ。そこにじわっと恋人気分が……。それをいう結びの七音。どこを切っても個性的なおもしろさです。

  • エレべーターゆらりとゆらぐその瞬間絡めた指の君のあつさは     槙

今野寿美先生のコメント

〈君〉の体温の実感に瞬間の現実味があります。エレベーターがゆらいだら、みんな多少とも身構える。小さな箱の中の小さなきっかけでも、その確かさは、かけがえのないもの。短歌一首にちょうどよいワンカットでした。

  • 君想う歌狂おしく溢れ出て紙片の山で窒息させたい      稲見晶

今野寿美先生のコメント

ちょっとコワイけど、刺激的。うまくいっている時より失恋状態のほうが歌はできるもので、それを束にして投げつけてやりたい、どころじゃなくて息の根を止めたい。何でもありといえば、マンガも短歌も同じなんだと思わせてくれる迫力が見事。

優秀賞

  • 雪降れば君に伝えんとにぎりしめ消えずに残る恋とは何ぞ               晩夏書房
  • 君の手に触れてみたいと手を伸ばすその先少し勇気が足りず        ユキ
  • 君を知り世界が光り輝いたこれから先も色を増やそう                   うづき
  • 夜目覚め眠った街の空を見る君思い出し睡魔も消える                  うづき
  • 貴方への手紙に好きのふた文字が未だに書けずまだ片想う            つばさ
  • 言い出せず煌々光る板の上緑の吹き出しばかりが並ぶ                  桜花蝶
  • 好きだよと気軽に言える仲だけど恋にはしないそばにいさせて        ねあ
  • 恋心長くなるほど難くなり思いは消えず霧濃く立ちぬ                       夏
  • 雲隠れ朧月夜の照れ隠し浮世桜に好きと言えずに                          恋月文
  • ハルマゲドン今来てほしい今ならば夫と映画館に居るから               北城椿貴
  • 両手にミモザのブーケ抱きかかえ黄色に薫るひかる坂道                 恋愛志望
  • 別れの日 くすぶる春の 桜雨 叶わぬ思い 共に散らして              頼日
  • メンズもの 選ぶワタシは 上級者 彼にですかと 聞かれ微笑む        MEG
  • 恋語る友の白粉にくしとぞ思うわたしのこころかなしき                       碧
  • 夜毎にぞ 君と交わせし 言の葉や 積もりつづけて きえてくれるな    芝立サラ
  • 白い頬に落ちる木漏れ日を辿り触れた唇はじまりの熱                      はぜ
  • 苛立ちも怒りも全て一瞬に粉砕するは彼の体温                                愛子
  • 離れいて涙あふるる休日のカフェ朧なる君の面影                             えん
  • つれづれと 歩いて回る 遊園地 ぼくはあの子を 失ったんだ           厨二病患者マリアwithバックダンサー

21世紀のみだれ髪 秀歌発表! 文豪ストレイドッグスキャラクター詠 編

[2018年5月9日(水)]

特選

*発表順は、応募された全作品を歌集に編む際のキャラクター順です。


◆ DEAD APPLEの中島敦 へ◆

  • 爪立てる愛するものを守るゆゑ燃ゆる命の光なりけり   かん

朝霧カフカ先生のコメント

「爪」、「愛」、「守る」、「燃ゆる」「命の光」。敦を非常によく表す、鮮烈なキーワードが短歌のリズムの中に見事に収められています。映画の映像が目の前に広がるような、とても洗練された歌です。こちらが敦の心と強烈に一体化させられるような、不思議な体験をさせてくれます。


◆ 中原中也 へ◆

  • その手でも操ることは許されぬ貴方に捧ぐ愛のベクトル      銀花

朝霧カフカ先生のコメント

中也の異能は「触れた標的にかかる重力のベクトルと強さを操る」能力です。この能力はほとんど無敵といっていい強さ。それでも、「心」までは操ることができません。触れることでかえって鮮明になる、その事実と痛み……。その「愛」とは誰に捧げられたものなのでしょう。どきどきします。


◆ 織田作之助 へ ◆

  • どのくらい背伸びをしたら届くだろう多くを語らぬそのくちびるに   楢原もか

朝霧カフカ先生のコメント

背が高く、寡黙で、感情を表に出さない男、織田作。彼に対する憧憬が、何重もの比喩のなかによく込められています。ここでいう「背伸び」はもちろん、物理的な距離であって物理的な距離でない。そして「くちびる」の単語も、キスの意味でありながらキスの意味ではないのです。素敵な歌です。


◆ 与謝野晶子 へ ◆

  • 艶やかな(なび)く黒髪金の蝶日暮れを護る(したた)かな君      そな兎

朝霧カフカ先生のコメント

鮮烈な映像と色のイメージが美しい歌です。なびく黒髪の美、蝶の髪飾りの金色の美、夕暮れの美。そして日暮れは「昼と夜のあわいを取り仕切る薄暮の異能者集団」、すなわち武装探偵社のことです。映像の美しさがそのまま「したたかな君」与謝野のイメージに繋がっており、夕暮れに力強く立つ彼女のイメージを脳に焼き付けてくれます。

 

優秀賞

◆国木田独歩へ ◆

              (ページ)十五項目五十八仔細にわたってご教示願う                     霜月凍夜

              朱き花蒼き炎に焦がれても掲げ続けて歩む君たる                       晩夏書房

 ◆谷崎ナオミへ ◆

      幻(まぼろば)の雪ぞ積もりて咲き誇る(つがい)に添いし艶美なる華               misae

 ◆与謝野晶子へ ◆

              戦以て黄泉の扉に触れし盟友(とも)へ光る大鉈再生の蝶                   青蓮

 江戸川乱歩へ ◆

              超推理硝子の向こうの君の(め)が光輝く謎解きの時         いちごべりい

 

◆福沢諭吉へ ◆          

      三日月に吠える銀狼ひるがえす(かな)し背合わせ我も参らむ        夏目静

◆中島敦 へ ◆

              幼少に冷たき刃受けし君優しく癒す雨になりたい                                  色彩

              生きようともがき苦しむ生き様は全ての人の希望の光                       ポニーテール

              さまざまな苦難乗り越えここに立つ前を向くのは友がいるから                ゆき子

              月下行く信念秘めた紫黄水晶(アメストリン)その眼差しに心打たれる    御影石

                                                                                                               

◆泉鏡花  へ ◆

              たらちねの母のかいなに抱かれつつ我が衣手にふれる白雪             三枝

              憎き異能そに込められし父母の愛知りて戦う姿眩しき        藤の田んぼ

◆尾崎紅葉へ ◆

              闇にしか憩えぬ花と言うけれど貴女の愛は燃ゆる紅葉色              シノツカ

              (べに)の君凛々しく舞しその姿散ることのなき大輪の華               かなで

◆芥川龍之介へ ◆

              風に揺れる黒外套の横顔は朧月夜に何を思ふや                      I・H・

              狗歩く闇夜に紛れ暗澹と手に入れるまでこと切れるまで            久米田

              満たされぬ秘めた想いを黒服に優しきやつがれひとり佇む       すぬくん

              何時の日か友となると信じてる例えば最初が敵だとしても         藤猫

              咳をして揺れる背中に手を伸ばす儚い想い届かなくても       かたつむり

◆樋口一葉へ ◆

              美しく可憐な姿コスモスの花健気な貴女幸せになれ                 ユキ

◆中原中也     へ ◆       

              寒椿月夜にワイン影法師ひとの話も歌と思えば                                  晩夏書房

              地の神の荒ぶる能力(ちから)宿す身のたおやかな指ますぐなる目       青蓮

              潮風に夜の衣を靡かせて舞う闇一人いと美しき                                  霜月凍夜

              天空を鉄馬に跨り駆ける君そのなびく髮我がものならむ                     

◆太宰治  へ ◆

              麗らかにひらりひらりと山桜水面流るる華と青鯖                            霜月凍夜

              深き闇その奥底に立つ君の隣でその手握っていたい                    あや

              青き夜に交わした杯の甘露さえ儚き夢とわらう君かな                    晩夏書房

              亡き朋の最後の願い携えて我は歩まん茨の(みち)を                   霜月凍夜

              三人で束の間の夜過ごした日瞼を閉じて想いを馳せる                  リコル

              得てしがな道化にあらず微笑みを計り知れない君の(すべ)てを    ユイキ                                                                                                                  

◆織田作之助へ ◆

              会えたなら貴方へ告げるこの気持ち聞いて欲しいな織田作、あのね     まち。

              死んでない今も生きてる胸の中ずっと一緒織田作之助                        菜那

◆澁澤龍彦へ ◆

              ねむり姫龍の(かいな)でみる夢はうつし世超えていのち輝け          青蓮

◆フョードル・Dへ ◆

              柘榴石(ガーネット)あてなる瞳見据えるは常世の涯の毒か浄化(すくい)か    青蓮                                                                                      

◆全ての迷ヰ犬へ ◆

              鳥籠に彼が仕掛けたスクリプトゥム文士の御名を背負ひて踊れ         たば

ユニーク賞

◆与謝野晶子へ ◆

         怪我したら治してほしい先生に解体だけは怖いんですけど・・・    くる

◆福沢諭吉へ ◆

    陽だまりにネコ耳付けて転がりて添い寝の君の小指噛みたし  瑞風そよぎ

◆江戸川乱歩 へ ◆

         ひたすらに和菓子洋菓子駄菓子召す機嫌顔見て顔がほころぶ    霜月凍夜

         乱歩さん僕がよければ全てよし!お菓子と社長が大好きです!   まり

◆森鷗外へ ◆ 

     エリスちゃんあぁカワイイよエリスちゃんツンとされてもデレる先生   くるみみ

◆太宰治へ ◆

        最愛の娘が君を好いている二次元だから複雑である          うづき

◆京極夏彦へ ◆

        年の差は親子というより爺と孫でもこの好きは乙女の恋慕     外浦逆子

「文豪ストレイドッグス」とのコラボ情報を更新しました!

[2018年4月13日(金)]

5月13日(日)まで「与謝野晶子展」とのコラボを実施中。好評に応えて太宰治の缶バッジプレゼント再開の詳細をupしました。

展覧会の会期、観覧料、休館日にご注意の上、コラボをお楽しみ下さい。
コラボの内容はこちら文豪ストレイドッグスコラボレーションのお知らせ(203KB)をご覧ください。

「ポール・クローデル展」記念イベントの情報をUPしました。

[2018年3月17日(土)]

5月19日から開催する、企画展「生誕150年記念 詩人大使ポール・クローデルと日本展」関連イベントの情報を掲載しました。

  • 5月20日(日) 講演会「ポール・クローデルとは誰か」  講師:辻原登 【詳細
  • 5月27日(日) 対談「詩人大使の創作を支えた山内義雄」  出演:山本泰朗、中條忍【詳細
  • 6月17日(日) シンポジウム 「今に生きる前衛としての古典―― 詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」
    コーディネーター:芳賀徹
    パネリスト:夏石番矢、恩田侑布子、金子美都子【詳細
  • 6月24日(日) 上映会 クローデルの詩による創作能 「薔薇の名――長谷寺の牡丹」
    講演:渡邊守章 作・演出:渡邊守章、節付け・作舞:観世榮夫【詳細
  • 7月8日(日) ギャラリートーク「ポール・クローデルと横浜」 講師:根岸徹郎【詳細
  • 6月9日(土)、7月14日(土) 展示解説:当館職員【詳細

「文豪ストレイドッグス」とのコラボ情報を更新しました!

[2018年3月13日(火)]

3月16日(金)までは展示替え期間のため、「文豪ストレイドッグススタンプラリー」のスタンプ台は閲覧室入り口に設置しております。
入館者プレゼントはございませんのでご注意下さい。

3月17日(土)~4月1日(日)は「文豪ストレイドッグススタンプラリー」に参加します。

4月3日(火)~5月13日(日)は「与謝野晶子展」とのコラボを実施します。

展覧会の会期、観覧料、休館日にご注意の上、コラボをお楽しみ下さい。
コラボの内容はこちら文豪ストレイドッグスコラボレーションのお知らせ(213KB)をご覧ください。

常設展「文学の森へ」第1部に<関東大震災と神奈川>コーナー展示を併設しています。

[2018年2月6日(火)]

「3.11文学館からのメッセージ」という共通のテーマのもと、全国の文学館が災害と文学にまつわる展示を協力しておこなう全国文学館協議会共同展示の参加企画です。
 1923年(大正12)9月1日の関東大震災に際して、文学者たちが残した被害状況の記録、亡くなった人々への思い、復興への願いなどを紹介します。